ヘッダー背景画像

お知らせ

イベント 2020.01.29

マツダファームさんにて職場見学をさせていただきました!

先日、横田町にあるマツダファームの職場見学をさせていただきました。マツダファームでは、三陸の温暖な気候を利用して主にハウス内にていちご(紅ほっぺ)の栽培を行っています。

生産者の松田俊一さん(35)は秋田の大学を卒業後に秋田市内にて会社勤めをしていましたが、震災のちょうど1年前に故郷の陸前高田市横田町に戻ってきました。最初は市の振興作物であるキュウリ農家を研修先に選びましたが、間もなく近くのいちご生産者が病で倒れたことをきっかけに、いちごの栽培を引き継いで行くことになったそうです。

今ではいちご1本に絞り、4連棟の広大なハウスと、栽培面積も20aに拡大しました。2017年冬には、それまでの土耕栽培から高設栽培へと大変革に踏み切るとともに、ハウス内はパソコン、スマホと連動して温度・湿度調節など環境制御ができるICTも導入し、効率的で省力化の農業を実現しました。

松田さんが目指すのは、若い人でも魅力を感じられる効率的で省力化の農業の実現。2019年1月には市内の若手農業者とともに「陸前高田食と農の森」を立ち上げ、積極的に先進的な農業に取り組んでいます。

松田さんのハウスの中は、そんな松田さんの人柄を表すようにすがすがしい空気が流れていました。自然に癒され、参加したメンバーの中からは積極的に質問なども飛び交っていました。

センターの趣旨を理解してくださり受け入れてくださった松田さん、ありがとうございました!